エイジの資産運用ブログ

30歳会社員 x 仮想通貨 x インデックス投信

確定拠出年金/公的年金(2018年10月)

確定拠出年金

毎月会社から21,700円拠出。

DCダイワ外国株式インデックス一本で運用。

f:id:AssetManagement:20181103165019j:imagef:id:AssetManagement:20181103165046j:image

マネーフォワード連携して日が浅いので、📈は途中からです😅

表示はマイナスですが、途中で移管(転職)する前の過去分が反映されてないので、ソコソコプラスです。

超長期の年金運用なので今プラスになるよりも何度かリーマンショック級のマイナスくらったほうが期待値は高くなりますね⚡️⚡️

 

公的年金

毎月37,515円厚生年金保険料として徴収されてます。

GPIFは国内株式25%外国株式25%国内債券35%外国債券15%の無難なポートフォリオで運用。運用成績が金額に反映されるわけではないので面白くないですね😂

f:id:AssetManagement:20181103165125j:imagef:id:AssetManagement:20181103165101j:image

※ねんきんネットの金額は数ヶ月に一回の更新。

 

今の時代、年金はあてにできないですね😌

確定拠出年金公的年金は生活費ではなく、もらえたらラッキー➡️趣味や子供・孫のために使うもの、な感覚です。

 

iDeCoやドル建て保険に加入する選択肢もありますが、60歳〜65歳になってようやく引き出せるお金って「本当に必要?」って思います😌

 

一般庶民は60〜65歳まで資産をロックされることが何より痛い。必要な時に引き出せない=それこそが最大のリスクですね。

 

個人的にはシンプルにつみたてNISAで年40万枠フル活用だけでOKだと思ってます。

 

年40万円(月3.3万円)を30年運用。インデックスファンド平均利回りの5%で運用できれば2,746万円が手元に残る。(いつでも中途解約可能)

f:id:AssetManagement:20181103094941j:image

※つみたてNISAの期間は20年間なので、はみ出る分若干税金は取られます。

 

以前「海外ではビットコインリップル確定拠出年金で取り扱い可能に!」な記事を見かけましたが、本当にできるのかな?羨ましい🤤

Rippleがアメリカの個人年金制度で取り扱い可能に!機関投資家も入り易くなり、UFJの話題も出てまた高騰? | 暗号通貨投資の研究まとめ