エイジの資産運用ブログ

30歳会社員 x 仮想通貨 x インデックス投信

資産公開(2018年10月3週)

資産公開(2018年10月3週)

f:id:AssetManagement:20181020171004j:image

 

今週はBankeraが急伸📈

運営から取引所オープンが近いとのアナウンスがあり、買いが入った模様です☺️

 

今後良いニュースが出たときにちゃんと価格へ反映されるように、まずはBTCと時価総額が伸びていってほしいところですね〜😚

 

よく昨年末辺りに開始したICO銘柄は大暴落=買った人負け組みたいな言われ方されてますけど、市場に連動した妥当な下落だと思ってます😊

 

当たり前の話ですけど、下落の要因は以下の通り分けて考えるべきです📝

① 市場に連動した下落

②プロジェクト状況に連動した下落

 

仮に昨年末から高騰が続いて今BTC300万、時価総額100兆円超えだった場合、今のICO銘柄の価格はどうなっているのか?

→ 大半がICO割れしていないと思います。

 

SCAM系、プロジェクトの先行きが怪しいものは除きますが、そのような銘柄は既に価格に反映されてますよね。例:スピンドル、COMSA

 

BCHだってピーク50万円で今は5万円

XRPだってピーク500円で今は50円

ETHだってピーク20万円で今は2万円

ICO銘柄は時価総額小さいのでその分ボラが大きいですが、大半は妥当な下落率かな〜と✨

 

暗号通貨は昨年末に撤退/売ってた人勝ち組→これはただの結果論であって、暗号通貨市場の時価総額が小さい現状を考えると、ホールドを続けていた人のほうが大きく利益を上げていた可能性も少なからずあったと思います。

 

前に読んだ本で書かれてましたが、「あらゆることを試して、チャンスの数を増やすことが大事」です✨

 

私は今でもBNKを買った判断が間違っているとは思ってないです。→これは取引所、銀行サービス、少額投資ソリューションがスタートしてその収益、全体を見たサービスの質、組織として見た評価を行った上でジャッジします。これはまだまだ先のお話☺️

 

まずはBTCと時価総額の復活、その上でプロジェクトが順調に進めば、ICO価格を超えるのはそんなに難しいことではないと思います❣️